活用 & 保護

あらゆる方法で権利を活用し保護しなければ権利の価値はなくなります投資に対する相応の利益を得るには、継続的な監視が不可欠です。GEVERS が状況に応じた資源の選択・活用を支援します。

契約

知的財産権は、収益を上げるためにその権利を活用するライセンスやフランチャイズ、販売、譲渡を含めた契約の対象となります。知的財産の状況に常に注意を払うことが推奨されます。GEVERS がご相談にお応えし、あらゆる必要書類を作成します。

監視

第三者が権利を尊重しているかどうかを把握する方法の一つが監視です。監視によって紛争となりかねない新たな権利を素早く識別し、必要に応じて迅速な対応を取ることができます。GEVERS は多くの潜在的脅威を選別し、具体的な提案を行います。

異議申し立て

異議申し立ては知的財産権を侵害のリスクから守る方法の一つです。異議申し立ては迅速に行う行政上の手続きです。GEVERS は競合する類似、酷似した権利による取り返しのつかない損害を回避するために、皆さまに代わって迅速かつ効果的に対処します。

偽造防止

知的財産権だけでは偽造防止に十分ではありません。知的財産権を行使するだけではなく、これを保護しなければなりません。偽造は海外の海賊版の範囲に留まりません。偽造者が無知であったり悪意がなかったとしても、知的財産権は保護、尊重されなければなりません。そうでなければ、知的財産権の真の価値は失われてしまいます。調停から訴訟まで選択肢は幾つもあります。GEVERS は最も効果的な方法を提案し、その実施時には実践的な支援を提供します。

ブランドの資産化

ブランドは資産として大きな価値を有する可能性があります。ブランドはライセンスを供与したり企業会計において担保とすることができます。また、一定の条件下で貸借対照表に計上することや、ブランド拡張や他のカテゴリーに適用することもできます。