革新戦略

知的財産権は企業にとって事業戦略の核となる資源であり、保護しなければなりません。効果的で収益を高めるような、首尾一貫した知的財産権保護能力を得るためには、技術革新プロセスの開始時に戦略を分析して明確にする必要があります。GEVERS は様々なツールを活用し、戦略の分析ならびに知的財産保護方針の策定を支援します。

革新戦略 & 定義

技術革新を文書化して申請あるいは登録する前に、その実際の価値を検討しなければなりません。他に良い方法がないか、より少ないリスクでより良い機会はないか、過小評価していた知的財産資源を活用してより少ない費用で収益を上げる方法はないか、ということを明確にする必要があります。GEVERS の専門家があらゆる事項の検討を支援します

ブランド構築 & 戦略

ブランドの適切性やそのブランドが実際に求められているかどうかを検討する必要があります。ブランドの心理的な影響力や、ブランドが何を象徴するのか、ということがブランドの成功には不可欠です。ブランドをただ適当に選択してはいけません。

優先権

技術開発や技術的進歩が競合他社に妨げられる可能性はありますか?知的財産保護の限界を見極めるには、GEVERS のサポートを得て、ご自分の技術の特性に関わる革新技術の特許保有者を明確にすることが重要です。

Freedom to operate (知的財産権の侵害調査)

これは「知的財産」のプロセスとしてはまだあまり知られていません。商標登録や特許出願に際しては、登録や出願しようとする革新技術が既に使用されているかどうかを調べることが不可欠です。

展望

対象とする技術の市場ではどのような技術的進歩が起きていますか?誰が競合相手で、彼らは何をしようとしていますか?企業が成長の展望を描くには、これらの検討が極めて重要です。GEVERS は成功への正しい道へと皆さまを導きます。

ブランド構築 & 戦略

ブランド戦略とは、ブランドが市場での魅力や需要を創出し、顧客の間にコミットメントや影響力を生み出すための明確なビジョンや考え方を定める体系的な計画です。企業の業績のみならず文化や人々の考え方をブランドが牽引するようなビジョンを描けるように、企業や業界、競合的な変動要因に基づいて策定すべきブランド戦略には、戦略を策定するための法則やテンプレートはありません。